わきが・多汗症・ビューホット | 帯広中央クリニック | 美容外科 美容皮膚科 美容整形



受付時間 9:30~20:00
土・日・祝も対応(完全予約制)
お気軽にご相談・ご来院ください。

〒080-0014
北海道帯広市西4条南10丁目34
JR帯広駅より徒歩4分

わきが・多汗症

ビューホット(View HOT)

ビューホット(View HOT)

ビューホットによる
切らないわきが・多汗症治療

手術による治療

手術による治療

わきが・多汗症を手術で改善

    
ボトックス注入

ボトックス注入

治療時間5分の手軽な汗対策

    
パースピレックス

パースピレックス

医療用制汗剤

わきが・多汗症

わきがとは

わきの皮膚の下には、「エクリン汗腺」と「アポクリン汗腺」という
2つの汗腺と「皮脂腺」があります。「わきが」独特のにおいは、この2つの汗腺から分泌させる汗と皮脂腺からの油が混ざり合い、皮膚の常在菌によって分解されることで生じます。
「エクリン汗腺」や「アポクリン汗腺」は誰にでもあるものですが、特にアポクリン汗腺が多い人がより強い臭いを生じます。
わきがの治療は、わきがの臭いの原因である「アポクリン汗腺」を除去することで「わきが」の治療を行います。

エクリン汗腺

エクリン汗腺は全身に分布しており、成分は99%が水、1%が塩分からできています。
暑い時や運動した時に汗が分泌され、体温の調節を行っています。

アポクリン汗腺

アポクリン汗腺は、わきの他に、耳の穴、乳輪、陰部などに分布しています。
脂肪やアンモニアから成り、やや粘り気のある汗を分泌します。多少の臭いを持っており、この汗が皮膚の常在菌によって分解されることでより強い臭いを生じます。

多汗症とは

エクリン汗腺から必要以上の汗が分泌されるのが「多汗症」です。
多汗症は暑さや緊張などによりエクリン汗腺に関係している交感神経が必要以上に活動してしまうので原因です。多汗症は「わき」だけでなく、手の平や足の裏、頭皮や額から汗が増加する症状も見られます。

多汗症の治療は、ビューホットによる治療、わきや手・足など汗の多い各部位へのボトックス注射または医療用制汗剤による塗り薬、わきの多汗症では手術による治療法があります。

わきが・多汗症の手術

わきが・多汗症手術について

帯広中央クリニックで行っているわきが・多汗症の手術は、クイック吸引法・切開(剪除)法・シェービング法
があります。「ビューホット」による切らないわきが・多汗症治療も行っています。

クイック吸引法

軽度のわきが臭の方が適応です。わきの下に数ミリ程度の切開を行い、そこから極細のカニューレで
臭いの元となるアポクリン汗腺を吸引・除去を行います。
傷跡はわきの皮膚のしわと重なりほとんど目立ちません。直接、アポクリン汗腺の数が減るので、
臭い軽減の効果があります。エクリン汗腺の数があまり変わらないので汗の量に変化はありません。

※治療時間30分・3~4日間の圧迫固定と治療7日後に抜糸が必要です。

切開法(剪除法)

中~重度のわきが臭の方に適応です。わきの皮膚の中央を約4~5cm切開を行い、皮膚の裏側にある汗腺を直接取り除く方法です。
クリック吸引法に比べて、ダウンタイムが多くかかりますが、直接アポクリン汗腺を確認しつつ除去が行えます。また切開(剪除)法は、わきの汗が多い多汗症の方にも効果が得られます。治療後はわきの毛が薄くなります。

汗腺を手術により除去します。

※治療時間60分・3~4日間の圧迫固定・治療7日後に抜糸が必要です。

シェービング法

わきの臭いと汗を確実に治す、最も有効なわきが・多汗症治療です。
わきの皮膚を約2cm切開し、カミソリの様な専用の治療機具を皮膚の裏側に挿入してアポクリン汗腺とエクリン汗腺を根こそぎ取り除く治療です。
シェービングの後は、切開(剪除)法を組み合わせ、細かい部分までアポクリン汗腺を取り除きます。さらに極限まで皮膚を薄くすることにより、エクリン汗腺も確実に取り除きます。
また、シェービング法は同時に毛根も取り除くので、わき脱毛の効果もあります。

汗腺を手術により除去します。

※治療時間60分・3~4日間の圧迫固定・治療7日後に抜糸が必要です。
※汗の量やにおいが多い方は電気焼灼法(身体側の汗腺の根元をさらに電気エネルギーにて焼灼を行います。)の併用より高い治療効果を高めます。

わきが・多汗症治療の流れ

カウンセリング・診察
わかが・多汗症の症状の確認、わきが・多汗症治療の説明を行います。
わきが・多汗症の手術
手術時間は約60分です。治療後はわきにこぶし大のガーゼあてて、圧迫・固定を行います。
通院 1回目
通常3~4日目の間に一度通院が必要です。
圧迫固定を解除し、わきの皮膚の状態を診察します。
通院 2回目
通常10日前後に再度通院して頂き、抜糸を行います。その後保湿剤にて、皮膚の保護を継続して頂きます。
わきが・多汗症治療終了・アフターケア
抜糸後、1週間は腕を肩の高さより上に挙げたり、重い物を持つ作業等は極力控えてください。

わきが・多汗症手術の料金

わきが・多汗症 クイック法 200,000円
切開(剪除) 400,000円
シェービング法 452,500円
+電気焼灼法 50,000円

※表示価格は税抜き表示となっております。別途消費税が必要です。

pagetop

わきが・多汗症のボトックス注入

わきが・多汗症のボトックス注入とは

汗が気になる部分にボトックス(BOTOX)を使用することで発汗を抑える治療法です。
わきの多汗症に対しては、わきにボトックスを注入することで発汗を抑えます。

多汗症はアポクリン汗腺とエクリン汗腺の2種類のうち、特にエクリン汗腺からの
発汗が多汗症の原因になります。ボトックス注入では、発汗を増加させる神経伝
達物質のアセチルコリンを抑制することにより、エクリン汗腺からの発汗を抑え、
多汗症の症状を改善します。

通常は注射によるボトックスの注入を行いますが、注射針を使用しないノンニードルボトックス浸透注入「MEDJET(メドジェット)」による注入も行っております。
「注射の痛みが心配、怖い」といった方にも負担なく治療が受けられます。

ボトックスの効果には個人差がありますが、約3~6ヶ月ほど続きます。軽度のわきがの場合、ボトックスだけで臭いを軽減させることもできます。治療時間は両わきで約5分です。
露出の増える夏の間だけ汗や臭いを抑えたい方だけでなく、厚着や室内温度により多くなりがちな冬の汗にも
おすすめです。

針を使わないボトックス注入 「MEDJET(メドジェット)」

帯広中央クリニックでは、ボトックスの注射による痛みを解消するために、MEDJET(メドジェット)を導入しております。
MEDJETは炭酸ガスの噴射による圧力で先端30ミクロン(0.03mm)の穴から薬剤を皮膚に直接浸透させます。針を使わず皮膚への負担を大幅に軽減することで、痛みをほとんど感じず<また出血もほぼなく安心してボトックス注入が受けられます。

ボトックス注入で使用している注射針は0.26mm。蚊の針は0.06mmです。
蚊に刺されても気づかないことが多いですがメドジェットは更に細い0.03mmで皮膚に薬剤を浸透させるため
痛みをほとんど感じずに治療することが可能です。

ボトックス注射の料金

ボトックス注射 女性のわき 1回 70,000円
3回 180,000円
男性のわき 1回 100,000円
3回 270,000円
手の平・足の裏 80,000円
MEDJET 1回 +5,000円
3回 +10,000円

※3回セットに使用期限はありません。
※表示価格は税抜き表示となっております。別途消費税が必要です。

どうしてボトックスで臭いまで抑えられるのか?

わきがの臭いの主な原因は、アポクリン汗腺からの発汗によるものです。もう一つのエクリン汗腺に作用する
ボトックスでわきがの臭いが軽減されるのは、ボトックスがアポクリン汗腺からの発汗も抑制するからでは
ありません。アポクリン汗腺から出た汗は、エクリン汗腺からの汗とわきの皮脂腺から分泌される脂肪酸と
共に、皮膚の細菌に分解されると臭いを発するようになります。ボトックスで「わきが臭」が軽減するのは、
エクリン汗腺から発汗を抑えることでこの湿潤状態が改善し、皮膚の細菌の増殖を抑えるからです。

またわきのレーザー脱毛を併用することで、わき毛による蒸れや細菌の増殖を軽減させることも臭いの対策に
なります。ボトックスは軽度のわきがが適応となります。わきがの臭いが強い方や根本的にわきがを改善
させたい方には手術による治療も行っております。

pagetop

パースピレックス

パースピレックスとは

塩化アルミニウム溶液の作用により長時間効果が持続する新しい制汗剤です。汗を抑えたい部位(わきや手)に塗布することで、汗腺内の水分と反応し、汗腺深部に角栓を作り「フタ」をする事で汗の産生を抑制します。


他のデオドランド・制汗剤との違い

パースピレックスは他のほとんどの制汗剤とは作用が異なります。汗は本来無臭ですが、皮膚表面に
存在する細菌が汗の成分を分解することで臭いが生じます。デオドランド剤は汗を止めるものではなく、
そのはとんどは臭いを隠すだけの香料を含有し、皮膚の常在菌が発する臭いを一時的に中和する作用
を有します。
パースピレックスは汗腺の開口部に一時的な栓を形成することで汗腺での汗に産生を減少または中断
させます。この栓は数日後に自然に消退しますが、効果は長く続きます。

特徴

  • 塗るだけで発汗を抑えます。
  • 1回の使用で3~5日間持続します。
  • 使いやすい無効料タイプのため、アレルギーのリスクも最小限に抑えます。
  • 衣類に色移りせず、白い筋が残ることもありません。

適応

  • わきの多汗、軽度のわきがにお悩みの方
  • 今までの制汗剤では塗り直しが必要な方
  • 1度の使用で長時間の効果を実感されたい方
  • スポーツなどの趣味を楽しまれる方
  • シャツの汗ジミが気になる方
  • 妊娠中でボトックス注射が受けられない方

使用方法

  • 夜の就寝前にパースピレックスを塗布します。
  • パースピレックスを塗布した部位を完全に乾かしてから着衣して下さい。
  • 翌朝、塗布した部位を石鹸と水で洗浄または濡れたタオルなどで拭いて下さい。
    塗り直しの必要はありません。
  • 効果が得られるまで、通常1週間前後、毎晩使用して下さい。
    敏感肌の場合は、1日おきに2週間塗布します。2週間目以降は、週2~3回の塗布で
    ご使用下さい。

使用上の注意

  • 脱毛後48時間はパースピレックスの使用はさけて下さい。
  • 切り傷・擦り傷のある皮膚には使用しないで下さい。
  • カブレや赤みが生じた際は、使用を中止してご相談下さい。

パースピレックスの料金

パースピレックス 4,000円

※表示価格は税抜き表示となっております。別途消費税が必要です。

わきが・多汗症の治療

ビューホットによるわきが・多汗症治療

ビューホットについて

手術によるわきが・多汗症治療

手術による治療について

注入によるわきが・多汗症治療

ボトックス(わき)注入について

塗り薬(外用薬)によるわきが・多汗症治療

医療用制汗剤について

帯広中央クリニック症例フォトギャラリー

帯広中央クリニック 症例フォトギャラリー

院長 吉村長嗣