まぶたのくま治療 | 帯広中央クリニック | 美容外科 美容整形 医療レーザー



受付時間 9:30~19:00
土・日・祝も対応(完全予約制)
お気軽にご相談・ご来院ください。

〒080-0014
北海道帯広市西4条南10丁目34
JR帯広駅より徒歩4分

くま

くまの種類

目の下のくま・たるみの症状は、「影ぐま」と「色ぐま」の二つに分けられます。

帯広中央クリニックでは、症状の程度に応じて5つの治療方法から最適な治療方法を選択します。

下まぶたたるみ取り ・ 脂肪除去 ・ ヒアルロン酸注入 ・ W-PRP皮膚再生治療 ・ レーザー治療

影ぐま

下まぶたがふくらみ、そのふくらみと頬の段差が溝になったり、影になったり
するために見られる状態です。下まぶたのふくらみは、「下まぶたのたるみ
と近い状態でもあります。影ぐまの治療方法は、手術によりふくらみの原因で
ある脂肪を取り除いたり、皮膚のたるみを切除する方法と注射・注入により
溝を改善させる方法があります。

色ぐま

下まぶたの皮膚の下には筋肉があり、赤色~赤紫色を呈しています。
この下まぶたの皮膚が薄いため、下の筋肉の色が透けて見えることがあります。またメラニン色素による色素沈着により茶色を呈している場合もあります。
色ぐまの治療方法は、注射や注入により皮膚に厚みを作ったり、レーザー治療に
より色味を改善させる方法があります。実際には、影ぐまや色ぐまが混在している
場合が多く見られます。まず目の下のふくらみ・たるみを改善した後に、注射や注入を
行うなど状態に応じて治療法を選択していきます。

▼下まぶたの「くま」の原因

下まぶたのたるみやふくらみの原因は、加齢により眼窩内で眼球の底を支え
ている眼球提靭帯(Lockwood's靱帯)と呼ばれる支えが緩むことで、眼球が
下方に下がり、眼窩脂肪が押し出されることで前方に突出するのが原因で
す。下まぶたの皮膚や筋肉(眼輸筋)、脂肪の袋(眼窩隔膜)などの弛緩に
よる支持カの低下も眼窩脂肪の前方への突出の要因となります。

また、東洋人では脂肪を包んでいる袋(眼窩隔膜)が元々弱いこともふくら
みが突出しやすい原因です。
さらに加齢によって頬の皮膚全体がたるむことで下まぶた周囲の皮膚や組織
が引っ張られて平らになります。これによってさらに下まぶたのふくらみが
強調されることになります。このふくらみが大きくなることで、次第に影を
作り、「くま」が目立つようになります。

手術によるくまの治療

下まぶたたるみ取り手術

年齢とともに下まぶたに皮膚のたるみやふくらみが見られるようになります。たるみやふくらみにより老けて
見られたり、ふくらみがくまのように見えてしまうなどの症状が出現します。
下まぶたのたるみを改善させる方法は、手術により皮膚のたるみの切除を行ったり、ふくらみの原因である
脂肪(眼窩脂肪)を取り除く方法があります。
詳しくは「下まぶたのたるみ取り」をご覧下さい。

下まぶたたるみ取り手術について

経結膜脱脂法(皮膚を切らないくまの治療)

くまやたるみの原因である眼窩脂肪を、下まぶたの裏側から取り除く治療です。まぶたの裏側を1cmほど
切開し、脂肪を摘出します。経結膜脱脂法は、皮膚の外側には一切傷をつけず眼窩脂肪を取り除きます。
皮膚側に傷がつかないため、翌日よりメイクや洗顔も可能で、手術後の腫れは殆ど目立ちません。少し
まぶたが腫れぼったいと感じる程度です。
経結膜脱脂は、「皮膚を切らない」「腫れない」ことが特徴の手術です。

下まぶたたるみ取り手術 340,000円
下まぶたたるみ取り手術+脂肪除去 400,000円
経結膜脱脂法 300,000円

*表示価格は税抜き表示となっております。別途消費税が必要です。

注入によるくまの治療

ヒアルロン酸注入

下まぶたのふくらみと頬の段差をヒアルロン酸で目立たなくさせることでくまを改善させます。
また、ヒアルロン酸により皮膚に厚みをもたせることで色調を改善します。

※ヒアルロン酸の持続期間は約1年です。

W-PRP皮膚再生治療

W-PRP皮膚再生治療は自分の血液から血小板血漿の成分を抽出し、目のくまに注射する最新の皮膚再生治療
です。血小板内に含まれる成長因子によって皮膚のコラーゲンやヒアルロン酸を増加させて、くまを目立た
なくさせます。
詳しくは「W-PRP皮膚再生治療」をご覧下さい。

W-PRP皮膚再生治療について

ヒアルロン酸 1.0cc 64,000円
ヒアルロン酸(リデンシティ) 1.0cc 40,000円
W-PRP+ヒアルロン酸 下まぶた 102,000円

*表示価格は税抜き表示となっております。別途消費税が必要です。

レーザー治療によるくまの治療

下まぶたのくまの原因が茶色のくまだけの場合は、 レーザーによる治療を行います。茶色の「色ぐま」はメラ
ニン色素の沈着によるアザの一種です。

影ぐまと色ぐまが混在してくまを形成している場合が多く見られます。
目の下のたるみやふくらみにより、よりくまが目立っている場合はまず目の下のたるみ・ふくらみを改善させ
た後に、状態に応じてレーザー治療や軟膏の治療を行います。

詳しいレーザー治療については「スペクトラレーザー」をご覧下さい。

スペクトラレーザーについて

ルートロトーニング

5回セット 71,500円

※表示価格は税抜き表示となっております。別途消費税が必要です。

症例写真

Case1

帯広中央クリニック症例フォトギャラリー

帯広中央クリニック 症例フォトギャラリー

院長 吉村長嗣