ほくろ・いぼの除去 | 帯広中央クリニック | 美容外科 美容皮膚科 美容整形



受付時間 9:30~20:00
土・日・祝も対応(完全予約制)
お気軽にご相談・ご来院ください。

〒080-0014
北海道帯広市西4条南10丁目34
JR帯広駅より徒歩4分

ほくろとは

ほくろは黒色の元であるメラニンを多く含む細胞が集まって生じた良性の腫瘍です。
ほくろは黒子とも呼ばれ、医学的には色素性母斑と言います。
形や色の濃さなどさまざまなほくろがありますが、顔や身体のほくろなどすべてのほくろを除去することが
可能です。ほくろを除去する方法は、「エルビウムヤグレーザー」・「炭酸ガスレーザー治療」・「電気分解法」・「切除縫縮法」があります。
通常5mm以下の小さなほくろであれば、エルビウムヤグレーザーでの治療がお勧めです。

ほくろ・いぼの治療

エルビウムヤグレーザー  麻酔なしでもほくろを除去。

エルビウムヤグレーザーは、生命組織体の水分に対する反応が高い2,940nmの波長を使用しています。炭酸ガスレーザー(CO2レーザー)に比べて水分への吸収率が約10倍あります。 水に吸収されやすいことで発熱が少ないため、ほくろ周囲の正常組織への熱損傷がほとんどありません。これにより治療後の赤みや色素沈着のリスクも軽減されます。
また照射部位に凝固層ができないため傷の治りも非常に早く、照射後の傷の仕上がりがきれいなのも特徴です。 痛みも少ないため、ほとんどの治療は麻酔なしで受けていただけます(ご希望の方は麻酔を行うことも可能です)。
レーザーのスポット径が1、2、3、4、5、6mmと幅広くあるため、小さい病変から広範囲の病変まで大きさに合わせて的確な治療が可能です。

道東では、エルビウムヤグレーザーでのほくろ治療は帯広中央クリニックでのみ治療が行えます。

炭酸ガスレーザー

炭酸ガスレーザーを使用してほくろを削り取って除去します。
削った後のくぼみは、皮膚が再生する過程で次第に平らになっていきます。再生した新しい皮膚は赤みを帯びていますが、2ヶ月~3ヶ月かけて皮膚になじんで行きます。

通常ほくろの除去にはエルビウムヤグレーザーを使用しますが、ほくろが大きい場合や深い場合には炭酸ガスレーザーをします。

ほくろの治療後はレーザー照射部位に1日2回軟膏を塗り、テープで保護を行います。
この処置はほくろをきれいに治すために必ず必要な処置です。ほくろの治療部位が治るまで約2~3週間、処置を継続します。

電気分解法

炭酸ガスレーザーと同じようにほくろを削り取ります。電気分解法はレーザーの代わりに電気エネルギーを
利用して削ります。治療後の経過は炭酸ガスレーザーと同じですが、大きいほくろを電気分解法で治療した
場合は炭酸ガスレーザーよりくぼみや赤みが長引く可能性が高くなります。
電気分解法は薄いく小さなほくろやいぼの場合に行います。

切除縫縮法

ほくろをメスで切除を行い、縫い合わせる方法です。治療後5~7日目に抜糸を行います。
抜糸後の傷跡は1本の線傷になりますが、時間の経過とともにと徐々に薄くなっていきます。最終的には細い線となり、ほとんどわからなくなります。

ほくろ・いぼ除去の治療の流れ

カウンセリング・診察
ほくろ・いぼの状態を診察し、タイプに合わせた最適な治療法をご案内します。
準備
洗顔を行いメイクを落とします。
治療範囲が狭い場合は、その部分だけメイクを拭き取ります。
治療
局所麻酔を行い、レーザー照射または切除によりほくろ・いぼの除去を行います。
治療時間はほくろ・いぼの状態によりますが、約5分です。
治療後
治療部位に軟膏を塗布し、遮光のためテープで保護します。
治療後はメイクをしてお帰りいただけます。
アフターケア
レーザー照射部位は徐々にかさぶたになります。
1週間程度でかさぶたが自然に取れて新しい皮膚が現れます。その間、軟膏治療とテープでの保護を継続します。
切除縫縮法は約7~10日後に抜糸を行います。

ほくろ・いぼの除去の料金

エルビウムヤグレーザー 1mm 12,000円
1mm(3か所以上) 10,000円
顔の2mm以下のほくろ(無制限) 100,000円
炭酸ガスレーザー 1mm 12,000円
電気分解法 1mm 8,000円
切除縫縮法 1mm 12,000円

※表示価格は税抜き表示となっております。別途消費税が必要です。

ほくろ・いぼ除去の症例

step2

step2

 

step2

帯広中央クリニック症例フォトギャラリー

帯広中央クリニック 症例フォトギャラリー

クリニック院長