しみ・そばかす・肝斑 | Q&A | 帯広中央クリニック | 美容外科 美容整形 医療レーザー



受付時間 9:30~19:00
土・日・祝も対応(完全予約制)
お気軽にご相談・ご来院ください。

〒080-0014
北海道帯広市西4条南10丁目34
JR帯広駅より徒歩4分

しみ・そばかす・肝斑Q&A

最近しみができてしまいました。しみを取る場合はどのような治療になるのでしょうか?
しみ治療はしみの種類や状態によりいくつかの治療法があります。
一般的なしみである老人性色素斑であれば、
通院が必要なフォトフェイシャルによる光治療によって徐々に薄くしていく方法やかさぶたが生じ、ダウンタイムがあります通常1回でレーザー治療によって取り除く方法もあります。肝斑であれば、専用のレーザー治療で時間はかかりますが徐々に薄くしていく治療になります。
レーザー照射後にかさぶたになって乾いてるようなのですが、もうガーゼと絆創膏はしなくていいでしょうか。いつまでもテープを張っておいたほうがいいですか。
レーザー照射後ののかさぶたは自然にはがれるまで無理に剥いたり擦ったりしなければ、長期間テープを張らなくても大丈夫です。消毒もいりません。
ただ日焼けには注意してください。長時間外出するようであれば、日焼け止めを塗り、テープで保護しましょう。