フラクショナルレーザーEr | 帯広中央クリニック | 美容外科 美容整形 医療レーザー



受付時間 9:30~19:00
土・日・祝も診療
お気軽にご相談・ご来院ください。

〒080-0014
北海道帯広市西4条南10丁目34
センターシティ1
JR帯広駅より徒歩4分

フラクショナルレーザーEr

フラクショナルレーザーErとは

フラクショナルレーザーEr

フラクショナルレーザーは、これまで治療の難しかった凹凸のある「にきび跡」や「傷跡」の治療だけでなく、毛穴や小じわなど肌質を改善するレーザー治療器です。

レーザーにより皮膚に細かいドッド状の穴を無数に開け、創傷治癒効果を高めることで照射した部分の皮膚を新しい皮膚に再生していきます。

フラクショナルレーザーErは、従来のフラクショナルレーザーに比べて痛みや治療後の発赤が少ないことが特徴です。 レーザーによる周辺組織への熱損傷がほとんどないため、ダウンタイムが短いのも特徴です。また成長因子や他の美肌治療と併用することで、より高い相乗効果が得られます。

フラクショナルレーザーErの特徴

肌への最小のダメージで最大の効果を発揮

フラクショナルレーザー仕組み

フラクショナルレーザーErは炭酸ガスレーザーと比べ、皮膚組織を凝固層を生じることなく、微細に蒸散させます。
特に水分に対する吸収率が10倍に高まることで、ごくわずかな熱伝導で組織を蒸散します。

これにより、周辺組織への熱損傷が少なく発赤や発赤の期間を軽減させることが可能になりました。
また皮膚の回復が早いため、治療期間も短縮することができます。

微細なレーザーをフラクショナル照射

フラクショナル照射

目に見えない微細なレーザーが無数の穴を形成し、組織の再生を促します。

従来の肌全体への照射と比べて、点状にレーザーの照射を行います。
皮膚の正常組織を温存しながら照射を行うことで、治療効果とダウンタイムを両立しながら行う最新のレーザー治療です。

併用治療:ヒアルロン酸orW-PRP注入

にきび跡の陥没跡に対してヒアルロン酸またはご自身の血液から採取・生成したW-PRP(自己多血小板血漿)の注入を行い、フラクショナルレーザーErの効果を高めます。
アイスピック型やローリング型と呼ばれるにきびの陥没跡は、皮膚の深い所で瘢痕組織を形成しています。 これらのにきび跡には、下方に引っ張っているコラーゲン繊維を取り、陥没の下にヒアルロン酸またはW-PRPの注入を行うことでより治療効果を高めます。ヒアルロン酸は水光注射により皮膚に浸透させていきます。

水光注射について

フラクショナルレーザーEr治療の流れ

カウンセリング・診察
クレンジング・洗顔を行い、メイクや皮脂を落とします。
ご希望の方は麻酔クリームを使用します。
フラクショナルレーザー照射。
照射時間約30分。
治療後はクーリングを行い、発赤を軽減させます。
メイクは治療の翌日から可能です。
2回目以降。1ヶ月に1回、3~5回の照射をお勧めしています。
      
  • 治療後は特に肌の保湿を心がけて下さい。
  • 刺激性あるの洗顔フォームやピーリング剤を含む化粧品の使用は控えてください。

フラクショナルレーザーErの料金

 
フラクショナルレーザーEr 1回 40,000円
3回セット 100,000円
5回セット 160,000円
+ヒアルロン酸 1回 20,000円
+W-PRP 1回 30,000円
クリーム麻酔 3,000円

※表示価格は税抜き表示となっております。別途消費税が必要です。

症例写真

    Case1

    Case2


【施術】Case1~2 フラクショナルレーザー
【施術概要】にきび跡の凹みや毛穴の開きを中心にフラクショナルレーザーを照射する治療です。
【副作用・リスク】赤み・腫れ・熱感・つっぱり感・感染・アレルギー等の可能性があります。
【施術費用】フラクショナルレーザー 1回 40,000円

pagetop

にきび跡のレーザーアブレーション治療

クレーター状のにきび跡は、皮膚の段差により目立っています。エルビウムヤグレーザーまたは炭酸ガスレーザーによりクレーターの角を削り、段差をなだらかにすることでにきび跡を目立たなくさせます。
アイスピック状のにきび跡は、陥没をした穴を削り、周囲の皮膚からの再生を促します。

にきび跡のレーザーアブレーション治療の料金

レーザー治療 1か所 8,000円

※治療箇所や範囲によって金額が異なります。
※表示価格は税抜き表示となっております。別途消費税が必要です。

帯広中央クリニックの症例写真

帯広中央クリニックの症例写真

院長