性同一性障害・GID外来のホルモン補充療法 | 帯広中央クリニック | 美容外科 美容皮膚科 美容整形



受付時間 9:30~19:00
土・日・祝も診療
お気軽にご相談・ご来院ください。

〒080-0014
北海道帯広市西4条南10丁目34
センターシティ1
JR帯広駅より徒歩4分

性同一性障害(GID)外来

帯広中央クリニックの性同一性障害(GID)外来はホルモン補充療法と美容外科施術のみ行っています。
精神神経科による性同一性障害・GIDの診断は行っておりません。

ホルモン補充療法

性同一性障害に対して、ホルモン補充療法を行います。FTMは男性ホルモン、MTFは女性ホルモンの投与を
行います。ホルモン治療の効果は血液検査により性ホルモンの血中濃度を定期的に測定します。

性ホルモンの投与方法は注射剤、パッチ剤、経口剤があります。
副作用が最も少ないのは注射によるホルモン補充療法であり、日本においては一般的に注射剤での治療が行わ
れています。また経口剤での治療が最も肝機能障害を引き起こす頻度が高くなります。
インターネットや個人輸入による経口剤の服用により、知らない間に肝機能障害に陥っていることがあるので
注意が必要です。

MTF

FTM

ホルモン補充療法中は、血液検査による肝機能検査、血中脂質濃度、血中フリーテストステロン濃度、
血中プロラクチン濃度等の測定を3ヵ月~6ヶ月毎に受けるのが理想です。

性同一性障害(GID)外来の料金

男性ホルモン 1回 1,500~2,500円
女性ホルモン 1回 1,000~1,500円
血液検査(肝機能検査等) 1回 3,500円
血中ホルモン濃度検査 1項目 6,000円
初診料 5,000円
再診料(医師の診察を希望される場合) 1,000円

※表示価格は税抜き表示となっております。別途消費税が必要です。

pagetop

帯広中央クリニック症例フォトギャラリー

帯広中央クリニック 症例フォトギャラリー

院長 吉村長嗣