ほくろ・いぼの除去

エビウムヤグレーザーによる麻酔のいらないほくろ除去治療

ほくろ・いぼについて

ほくろは黒色の元であるメラニンを多く含む細胞が集まって生じた良性の腫瘍です。
ほくろは黒子とも呼ばれ、医学的には色素性母斑と言います。
大きさの違いや部位など様々なほくろがありますが、顔や身体のほくろなどすべてのほくろを除去することが可能です。またいぼ(疣贅)や脂漏性角化症も同様に除去が可能です。ほくろやいぼを除去する方法は、「エルビウムヤグレーザー」・「炭酸ガスレーザー」・「電気分解法」・「切除法」があります。
通常5mm以下の小さなほくろであれば、エルビウムヤグレーザーでの治療がお勧めです。

除去治療の方法

エルビウムヤグレーザー 
麻酔なしでもほくろを除去

*

エルビウムヤグレーザーは、身体の水分に反応する2,940nmの波長を使用したレーザー機器です。炭酸ガスレーザー(CO2レーザー)に比べて水分への吸収率が約10倍あります。 水分に吸収されることで発熱が少く、ほくろ周囲の正常組織への熱損傷がほとんどありません。肌への負担が少なく。治療後の赤みや色素沈着のリスクも軽減されます。
また照射部位に凝固層ができないため傷の治りも早く、照射後の仕上がりがきれいなのも特徴です。 痛みも少ないため、ほとんどの治療は麻酔なしで治療が可能です。ご希望の方は麻酔を行うことも可能です。
通常当日に治療が受けられ、ほくろ1個の治療時間は、2~3分間です。小さいほくろから数の多いほくろまで同時に治療が可能です。
道東では、エルビウムヤグレーザーでのほくろ・いぼ除去の治療は帯広中央クリニックでのみ行っています。

Er:YAGレーザーはほくろを微細に蒸散して、周囲組織を保護

*
  • エルビウムヤグレーザーにおける副作用等の注意事項
    副作用:赤み・色素沈着・傷跡・感染
    ACTION Ⅱはルートロニックジャパン株式会社より輸入した医療機器です。
    日本国内にエルビウムヤグレーザーを機序とするほくろ・いぼ治療目的の承認機器はありません。アメリカFDA・ヨーロッパCEマーク・韓国MFDSを取得しています。

炭酸ガスレーザー

*

炭酸ガスレーザーを使用してほくろを削り取って除去します。
削った後のくぼみは、皮膚が再生する過程で次第に平らになっていきます。再生した新しい皮膚は赤みを帯びていますが、2ヶ月~3ヶ月かけて皮膚になじんで行きます。

通常ほくろの除去にはエルビウムヤグレーザーを使用しますが、ほくろが大きい場合や深い場合には炭酸ガスレーザーを併用することがあります。

ほくろ治療後はレーザー照射部位に1日2回軟膏を塗り、テープで保護を行います。治療部位が治るまで約2~3週間、処置を継続します。

*

電気分解法

電気分解法はレーザーの代わりに電気エネルギーを利用し、炭酸ガスレーザーと同じようにほくろを削ります。治療後の経過は炭酸ガスレーザーと同じですが、大きいほくろを電気分解法で治療した場合は炭酸ガスレーザーよりくぼみや赤みが長引く可能性が高くなります。
電気分解法は薄いく小さなほくろやいぼの場合に行います。

切除法

ほくろやいぼををメスで切除を行い縫い合わせる方法です。治療後7~10日後に抜糸を行います。
通常大きいほくろや腕や背中など顔以外のほくろが適応になります。 抜糸後の傷跡は1本の線傷になりますが、時間の経過とともにと徐々に薄くなっていきます。最終的には細い線となり、ほとんど目立たなくなります。

目元のぶつぶつ【稗粒腫・汗管腫の治療】

稗粒腫(ひりゅうしゅ・はいりゅうしゅ)は、毛包や皮脂腺に角質の塊がたまった状態。汗管腫は、表皮や真皮の汗管(汗腺)が増殖して硬く盛り上がった状態です。 共にまぶたや目の下、額などに1~3mmほどのブツブツとなります。化粧では隠すことができないことから治療を希望なさる方が多くいらっしゃいます。 にきび治療と同様に、アグネスによる高周波治療で除去を行います。

ほくろ・いぼ除去の治療の流れ

  • カウンセリング・診察
    ほくろ・いぼの大きさや状態を診察します。
  • 準備
    洗顔やメイクを落とします。
    治療範囲が狭い場合は、その部分だけメイクを拭き取ります。
  • 治療
    レーザー照射または切除によりほくろ・いぼの除去を行います。
    必要に応じて、局所麻酔を使用します。
  • 治療後
    軟膏を塗布し、遮光のためテープで保護します。
    治療部位以外はメイクが可能です。
  • アフターケア
    レーザー照射部位は徐々にかさぶたになります。
    1週間程度でかさぶたが自然に取れて新しい皮膚が現れます。その間、軟膏治療とテープでの保護を継続します。
    通常、治療部位が治るまでに2~3週間かかります。
    切除法は約7~10日後に抜糸を行います。

ほくろ・いぼの除去の料金

エルビウムヤグレーザー 1mm 12,000円
1mm(3ヶ所以上) 10,000円
顔の2mm以下のほくろ(無制限) 100,000円
炭酸ガスレーザー 1mm 12,000円
電気分解法 1mm 8,000円
切除法 1mm 12,000円
稗粒腫・汗管腫 1回 50,000円
局所麻酔 必要な場合 1,000円
  • ※表示価格は税抜き表示となっております。別途消費税が必要です。

ほくろ・いぼ除去の症例

*

*

*

【施術】
ほくろ(上の2症例)、脂漏性角化症(下の症例)
【施術概要】
ほくろやいぼなどをレーザーや手術により取り除く治療です。部位や大きさにより治療方法を選択します。
【副作用・リスク】
内出血・赤み・腫れ・色素沈着・傷跡・再発・感染・アレルギー等の可能性があります。
【施術費用】
ほくろ・いぼの除去 1mm 8,000~12,000円

帯広中央クリニックの症例写真

症例写真
私が担当します。 院長がカウンセリングからアフターケアまで全て行います。